内定辞退!?内定者フォローをしっかりやって入社してもらう大切さ

学生に早くから内定を出す

学生の就職活動の時期が早くなっていて大学生にしても4年生になったばかりの5月には既に内定をもらっている学生もいるほどです。企業側も青田買いとして早くいい学生を採用したいという気持ちもあり、逆に学生自身も早くどこかの企業から内定をもらい安心したいという気持ちがあります。

内定辞退というリスクがあること

しかし学生側からすると、どこか1社から内定をもらったとしても、そこの内定をキープしつつまだ就職活動をおこなうのが一般的でより条件のよい、希望さる企業から内定をもらおうとします。もしそのような企業が見つかった場合には、最初に内定を出した企業には内定辞退の旨を伝えることになります。企業側としては再度採用活動をおこなわなければならず負担になります。

内定者フォローで安心して入社してもらう

そのようなことがないために企業側として重要なのは内定者フォローです。内定を出した学生に対して就職活動を辞めるように指示することはできませんが、学生自身がやめようを思うように仕向けることは何ら違反ではないので、学生の興味が自社に向くように入社までの長期間に渡ってフォローをおこないます。その方法としては企業の先輩社員と時間を持つことができて相談が気軽にできることを提供したり、定期的に社員とともに食事会をおこなったりして社員との交流を持ち、職場の雰囲気をじかに感じてもらう機会を設定することです。どこの企業に行くにしても一番気になるのが職場の雰囲気だったり人間関係だったりします。それを入社前に感じてもらい、安心して入社してもらうようにしています。

社員教育はまず会社の向かうべきビジョンを共有してから、それにつながる個々の仕事を教えるのが効率的でモチベーションも上がります。