侮れない適正検査、これであなたの一生も瞬時に判断されるかも?

入社試験でよく使われていますね

入社試験や、中途採用の時によく使われます。膨大な問題を瞬時に回答して行く筆記試験です。A、Bどちらかを選ぶタイプや、4択から選ぶあてはまる、どちらかといえばあてはまる、どちらかといえばあてはまらない、あてはまらないのタイプがあります。どちらにしても回答スピードが必要です。考えてる余裕など無いです。1問につき7秒と言われてます。問題を読んで答えるまで7秒ですよ。

これで何が分かるの?

瞬時に判断して行かなくてはいけません。誤魔化そうとか良く見せようとか、出来ませんね。会社はこれであなたと上手くやって行けるか、性格特徴、職務適応性、組織適応性を見ます。社風に合うか、この人とやって行けるかですね。

どう回答すれば合格するの?

殆どの問題に正解なんてないのです。ただ、中には正解が決まっている質問もあります。「イライラしても顔に表さない VS 感情が顔に出やすい」や 「忍耐力には自信がある」 や「身体を動かすのが好きなほうだ」があります。イライラは顔に出さない方が良いし、忍耐力には自身があって、身体を動かすのが好きな人が好まれるに決まっています。全体的にはバランスの取れた回答が良いと思います。初めて会ったあなたを1日または数日の試験で選び、生活のカテと成る仕事をこれからずっと一緒にして行く仲間と迎え入れよう判断をしているのです。安易な気持ちやノリ等で回答はしないで下さい。その膨大な質問であなたの人となりを見るのです。面接の答えだと思い回答してください。先ずは、深呼吸をして挑んでくださいね。

就職活動をすると、1度は遭遇する適性検査。これは性格が異常かどうかを確かめる方法だと言われています。問題数が多いため、直感で答えていくことをオススメします。