始める前に押さえたい!FCビジネスの表と裏

フランチャイズビジネスとは

コンビニエンスストアに代表されるFC(フランチャイズチェーン)ビジネスは、不況知らずのビジネスモデルと言われており、今後も各方面で拡大が予想されます。そもそも、FCとは本部であるフランチャイザーが、ブランドや商品をはじめ、サービスや流通手段、そして経営手法などを構築し、チェーン展開するビジネスモデルです。扱われる商材や経営ノウハウ等は本部から全て供与され、開業費や運営費を加盟店であるフランチャイジーが負担する事になります。そして、フランチャイジーは、売上額や店舗面積に応じて、ロイヤリティを納めるわけです。

FCが盛況となっている背景

現在、FC業界が活況を呈している背景には、勝ち組である大手フランチャイザーの勢いが続いているからです。また、業界再編の動きが強まっている中で、新たなシェア獲得の必要性に迫らえていることが挙げられます。それに対抗して、業界トップのフランチャイザーも攻勢をしかけており、それまでに進出していないエリアに新規展開が見られます。但し、競争が激化する中で、フランチャイズ起業の課題も増えており、人材不足の問題など深刻化しています。

フランチャイズのメリットとデメリット

フランチャイズ起業のメリットとしては、フランチャイザーのネームバリューを最大限活かしたビジネスが行えることです。それ故、資金計画さえ整っていれば、業界未経験でも起業しやすいと言えます。得に店舗自体が宣伝の広告塔となるので、新たに宣伝広告を打つ必要が無い点もメリットになっています。そして、基本的に経営に関しては本部から指導を受けることが出来、地域の担当者が、詳細にアドバイスしてくれます。その反面、新たな企画を通すのは難しく、オリジナリティを出しにくい側面があります。

代理店とは、仕事上のサービスや取引を代行して行うことが役割です。その対価を得ることで企業経営をしていくことになります。