太陽光発電を始めたい!そんなときに知っておくべき制度とは?

固定価格買取制度について知ろう

太陽光発電を始めたいときに重要な制度として固定価格買取制度があります。国によって定められている制度であり、太陽光発電によってできた電気を売るときに役に立つ制度です。制度で定められている固定価格での買取を一定期間は保証してくれる形になっています。家庭で設置する場合には通常は余剰電力の買取を依頼することになりますが、その場合には10年間は一定価格での買取を保証してもらうことが可能です。事業用の場合にはやや買取価格が低くなるものの、20年間の保証があることから安心して運用できる仕組みになっています。この制度があるからこそ太陽光発電を行って利益を得ようという考え方が広まるようになっているのです。

設置の助けになる補助金制度と助成金制度

太陽光発電パネルを設置するときには補助金制度と助成金制度も役に立つので知っておくと良いでしょう。太陽光発電で利益を上げられるとはいえ、設置にかかる費用はかなり高額になります。技術力の向上の影響を受けて太陽光発電パネルの単価も下がってきましたが、それでも百万円以上はかかってしまうことが多いでしょう。補助金制度や助成金制度は地方自治体によって行われていることが多く、その地域内で設置することなどを条件にして数十万円単位での補助金や助成金を提供しています。個人であっても法人であっても利用できる場合があるので、どのような制度があるかを確認しておくと良いでしょう。設置の際に業者に相談すれば条件を満たす形で設置してくれます。

太陽光発電の価格は、設備の導入費用やメンテナンス費用、ソーラーパネルの変換効率など、様々な要因で決定されるので、導入前に良く確認しておくことが重要です。