どんな準備が必要?事業継承を成功させるためのポイントとは

親族以外にも後継者をたてること

事業継承は親族で行われているイメージが強いですが、親族以外に後継者をたてることも大事なんです。小規模の会社では人材も少なく、後継者が親族しか候補にあがらないケースも多いでしょう。候補者にふさわしいのは、経営者としての資質を持っている人です。たとえ親族であっても、経営能力に優れていない人はふさわしくありません。社内だけでなく、ときには社外の専門家や公的機関などから、サポートしてもらうことも必要になってきますね。会社状況を把握するのはもちろん、どのような継承方法を選ぶのかも明確にしなければなりません。事業継承の方針さえ決まれば、後継者選びもスムーズに進められるでしょう。

各方面からの理解を得ること

事業継承を成功させるためには、社内外の各方面からの理解を得ることが大切なんです。周囲の理解が得られないまま事業継承を進めてしまうと、後継者の経営にも支障が出てきてしまうでしょう。後継者が活躍しやすい組織体制を整えるなど、社内外の関係者から理解を得られるような企業運営が求められます。経営理念といった価値観も、信頼関係があってこそ輝いてくるものですよね。事業継承の準備作業は長期間を要するため、出来るだけ早い段階から取り組んでおくのもポイントなんです。法務や税務対策をはじめ、財産継承の準備や借入金の整理といった、取り組まなければいけない作業は手間もかかります。後継者の教育や幹部候補の育成など、余裕を持って実施しておきましょう。

事業承継とは会社の代表を次の代表に引き継ぐための手続きです。会社の経営に支障が出ないためにも早めの人材選び、引継ぎ準備が大切です。