意外と知らない!個人でも利用できる貸倉庫の使い方

貸倉庫の使い方は様々

季節外れの洋服が沢山あって困っている方、リフォームをかける際に荷物を一時保管したい方、シーズンオフのスポーツ用品の保管場所がない方などが、便利に利用できるのが個人で利用できる貸倉庫なのです。一畳の広さの倉庫も多数存在し、ちょっとした物置感覚で利用する方もいます。

個人で利用できる貸倉庫の利点とは

近年の貸倉庫では、セキュリティーがしっかりしているところが多く、火災・盗難保険付きになっています。また、24時間出し入れが可能なため、急に保管物が必要になった時でもすぐに出すことが出来ます。また、短期間の保管から長期間の保管まで対応しているため、引っ越しでちょっとの期間だけ家具を保管したいという方も利用できるのです。

預けられないものもある

貸倉庫では、火災などのリスクも考慮し、スプレー缶などの危険物の保管には利用出来なくなっています。そして、異臭物や貴重品も倉庫には保管できません。何かあってからではおそいので、保管できないものは契約時に注意事項として約束を交わすことになっています。他の利用者もいるため、ルールはしっかりと守りたいものです。

貸倉庫の賃貸相場は?

マンションタイプの貸倉庫では、一坪15000円~20000円程度が相場になります。コンテナタイプは、一坪10000円が相場。また、野外の倉庫では、一坪2000円~7000円が相場になっています。郊外になればなるほど、値段は安くなるので、リーズナブルに借りたい人には良いでしょう。

いかがでしたか?もし、保管場所がなくて困っている方がいたら一度貸倉庫を利用してみてはいかかでしょうか?

3PLとは自社の物流部門をそのままアウトソーシングすることで管理や配送、コストカットなど効率的に運用することです。本来の業務でない物流部門を委託することで本業に集中できるメリットがあります。